いつもキッチンにいてくれるオリーブオイル
Oli di oliva preferiti

オリーブオイルは、イタリア料理の「ダシ」といえる、と思っています。塩と美味しいオリーブオイルだけで、野菜も、魚も、パンも、美味に変わり、日本にいてもイタリアの風を感じるような気持ちにもしてくれます。 そしてオリーブオイルを変えるだけで、料理の表情が変わるのも、楽しいこと。 オリーブオイルの話ははじめるとキリがないのですが、私が愛用している2本をここでご紹介します。

まろやかでマイルド、どんな時でも使える、でもただニュートラルなわけじゃなく、軽めの苦みもある。 Colleverde農園のオリーブオイルはそんなオイルで、私には欠かせない一本です。オイルの名前はMatraia(マトライア)。トスカーナ、ルッカのオイルです。はじめのころは、ここを訪れて、オイルの瓶をビニール袋ともこもこの服でぐるぐる巻きにして、スーツケースに入れて持って来ていました。幸い、今は、日本に輸入されています。 (農園のことは、こちらをごらんください)

もう1本の常備オイルは、シチリアの海辺のラヴィダ農園のもの。マトライアが穏やかでマイルドだとすると、こちらは、フレッシュですがすがしいイメージ。海の近くでつくっているからといてオリーブの実が海の味になるというわけではないのですが、私はラヴィダは、海の幸のマリネや魚のグリル焼きなど、シーフードの料理にとくによく合うような気がします。 いつもウチにある2本のオリーブオイル。この他にも個性があって好きなオリーブオイルがいくつかあるのですが、追ってお話ししていきたいと思います。

イタリアのオリーブオイルとワインを足でさがして厳選して輸入している加藤さんのHP。マトライアもラヴィダも、ここで輸入しています。
http://www.vino-e-olio.net/